TONちゃん日記

・当サイトのtonでもない店長のブーブー日記です。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

ことだま
2005/10/24

最近、こんな私事のページを読んでいただいている・・・と聞かされて、正直照れる。

日記とは言うものの、WEBに公開している以上、公私の判別はつかない言葉となるのだ。
靖国参拝を国会議員が私的参拝といって逃れられないのと等しい感覚だ。

でも言葉とは恐い。
ことばひとつで活かしもするし、
ことばひとつで地獄にも誘う。
だから、言霊なのだと思う。

発せられた言葉は、引き戻しがきかない。
キャンセルはないのだ。
訂正はきかない。

だから責任がある。
メディアの責任がよく問われるが、WEBの世界も
メディアの一つであることに違いない。
である以上、言葉が活きた言葉として歩いて欲しい…
ふくらんで欲しい。
いつも思うことである。

インターナショナル
2005/10/17

朝からしとしと雨。
もともと雨男の私には雨は相棒のようなもの。
あまり苦にならない…むしろ楽しくも感じる。
フランス人の大学教授さん。
今日で二回目のご来店をいただいた。
香の歴史を研究されているという。
話をさせていただいてもかなり突っ込んだ話が飛び出す。
外国のかたと交流していると、日本人が日本文化を理解していないことにいつも痛く気付く。
わかっているようで全くわかっていないのだ。
自分も含めての話だが、海外に興味をもつことももちろん大切なことだが、日本人が自国の歴史や文化に正しく反応ができる資質を磨くことのほうがさらに大切だろうこと容易に理解させれれる。

地図
2005/10/09

手元に一枚の地図がある。
いつもパソコンの脇にあって、何かしらささやいでいる。
いつ行くの?
国土地理院S49年発行「岐阜」の20万図。きちんとたたまれていつでもサイクルバックに入るように準備されてスタンバイされている。正直に言うとそのまま埃をかぶっていたとも言える。
何で買ったのかなあ?と思い出そうとするのだが思い出せない。だって19才のときの地図…。それにしてはきれいだ。扉峠から下呂に抜けたときのものか…
筆が入っていないから、使った形跡はない。
mmmm・・・・
九頭竜湖が見えるから、峠越えを計画していたものか…
琵琶湖が左端にあるから湖北のツーリング用か…
そんな思いで地図を眺めているともう数時間つぶれている…。
この地図が旅空の下に引っ張り出されるのはいつのことか。

瓜二つ・・・
2005/09/29

何だって、気が付いたら忙しさにかまけて半月書き込まなかったんだ・・・

久しぶりにOさんがご来店。
自分よりズーと大先輩であるのに腰が低くて、いつも温和な方である。
ご来店されるとつい話し込んでしまう。

同じ趣味嗜好を持っているということが話題に弾みがついてしまうのだが、奥様をなくされてから、百体仏を彫り上げることに願かけていらっしゃるのだ。

今日はその中のしがかり中の、お地蔵さんを見せてくださった。
仏像は彫る方の似姿というが、まるで瓜二つの容姿に感心してしまった。
プロの洗練された彫りとは明らかに違う素朴さなのだが何ともいえぬ、心が引き寄せられる。
得も知れぬ魅力があるのだ。
思わず頬擦りしたくなる懐かしさをその微笑にもっている。
像のなりたちがそもそも止むに止まれぬ信仰心から欲したことを考えれば、仏像彫りを職業にするということはものすごいビックバンみたいな熱い心の持ち主か、はたまた・・・と考えてしまった。

熱い心を継続できるということは、偈におそろしい程のパワーだなあとついぞ思わされたのであった。

卒業。第一歩。
2005/09/13

文章力を上げたいとeーラニング形式の講座を受けていたけれど、ようやく卒業。
http://prepro.jp/

文章力は?だけれど書く楽しさを覚えた。
子供のときは詩を書くのが好きでウーウー言いながらもひねり出していく快感を感じていたけれど・・・
この講座を受けながら、そんな懐かしい手ごたえをおもいださせてもらった。

さあどうなるものか・・・?な!

ほっ
2005/09/09

WEBの勉強のため霞ヶ関に出向く。

浅草に年がら年中いると東京ってこんなもんかなと井の中のブタになってしまう。
たまに六本木や原宿や丸の内に足を伸ばすと
やたらと場違いを感じて居心地が若干悪い。

「あさくさ〜」のアナウンスを聞くとほっとするのは
Booだけかい?

不退転
2005/09/03

遅い昼食をとっているときにNHKで小野田さんのインタビュー番組をやっていた。戦後30年孤独な戦争を続けてこられた。
様々な?を残してブラジルに発ってしまって謎が多かった。その小野田さんも83歳。食い入るように見てしまった。知らなかったことであったがブラジルに新天地を求めたときは53歳だったと知った。
「前しか見ない」「過去を振り返っても仕方ないこと」その心境は学ぶべき姿勢だなあ・・・

するめ
2005/08/31

とにかく忙しかった・・・
Pさんがみえても立ち話(まあいつもそうか・・・けれどみじかかったなあ)
浦安のAさんもあっという間に帰ってしまったし。
お客様に気を使ってもらったのじゃ反対だね。
今日だけで一体何連、製作したんだろう・・・
おまけに課題勉強も締め切りだったりして、
店を閉めたときは、暑さも手伝って、するめ状態?脱水状態?虚脱状態?・・・そのままへたり込んでしまって立ち上がれなかった。

まあ8月最後残すものはなかったかな・・
彼岸までの暑さとたかをくくっているけれど、さて?
いかなるものやら・・・

夏終わる・・・?
2005/08/29

浅草もサンバが終わりついに夏、終わり。
24時間テレビも終わり個人的にも夏終わり。
けれど暑いなあ・・・

ドラマ
2005/08/27

江ノ電を舞台にしたドキュメントドラマを横目で見ながらなのでちっとも前に進まない。
つい見入ってしまう。
父親の身としては、残される側に感情移入してしまう。なーーにも手につかないや。

江ノ電の単コロを久しぶりに見させていただいた。
子供のころはこの電車が主流でしたので、懐かしいーー。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -